【RADIOHEAD】レディオヘッド 2008年 日本ツアー限定ポスター

レディオヘッド レディオヘッドの貴重なツアー公式アイテム
Stanley Donwood 大型(59cm / 84cm )ポスター

レディオヘッド2008年来日ツアーポスター

Stanley Donwoodによるシリアルナンバー(裏面)入り限定ポスター。なんと 2nd Edition 1000枚限定プリント。 発送の際はポスター用ボックスに入れて配送いたします。

2008年の来日ツアーは、10月の大阪市中央体育館に始まり、さいたまスーパーアリーナ〜東京国際フォーラム・ホールAと3箇所で公演が行われています。 2007年に発表されたアルバム『イン・レインボウズ』の世界ツアーの中での来日となり、チケットは即日完売。 レディオヘッドの来日公演としては過去の来日公演の中で最も多くの動員数を記録しています。
レディオヘッド自体は、単独・フェスなど多数来日しており、過去には1994年、1995年、1998年、2001年、2003年、2004年にも来日してます。 WEBでは「『15 Step』のカメラワークを見る側が自由にいじることのできる」という企画が提供され、話題になりました。
なお、この2008年の世界ツアーでバンドが演奏した曲目数は全オリジナルアルバム曲と未発表曲、B面曲合わせて50曲以上にのぼり、セットリストは毎日のように様変わりしています。

いますぐ購入する
バンド名
サイズ
梱包
レディオヘッド
59cm / 84cm
ポスター専用ダンボール
レディオヘッド (RADIOHEAD) レディオヘッド (RADIOHEAD) とは...

レディオヘッド(Radiohead)は、1985年にオックスフォードで前身バンドがされ結成、1992年にメジャーデビューしたイギリスのロックバンドです。 デビュー以降、ボーカルのトム・ヨークを中心に同じメンバーで活動しています。メンバーのルーツであるポスト・パンクやオルタナティヴ・ロックの影響を中心に、ポストロック・電子音楽・ジャズ・クラシック・現代音楽などを混交した多彩な音楽性や、アルバムごとの急進的な実験性・変化が特徴で、2011年までに8枚のアルバムをリリースしています。

レディオヘッドのメンバーは、ジョイ・ディヴィジョンやマガジン、ザ・スミス、トーキング・ヘッズ、ザ・フォール、ジャパン、U2といったポストパンクや、 ピクシーズやR.E.M.やソニック・ユースといったオルタナティヴ・ロックに早くから影響を受けてきた。 また、トムは小学生の頃にはクイーンなどを好み、エルヴィス・コステロなども聞いていた。 1990年代半ばにはマッシヴ・アタックやDJシャドウなどのエレクトロヒップホップからの影響をうかがわせ、それらは『OK コンピューター』に顕著である。 他に『OK コンピューター』にはマイルス・デイヴィス、エンニオ・モリコーネなどや、ビートルズやビーチ・ボーイズ、ピンク・フロイドなどからの参照が見受けれ、メンバーもそれを公言しています。

  動画のリンクが切れていた際は、お問い合 わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。
こちらのファンの方におススメです。
ニルヴァーナ、ブラー、オアシスコールドプレイ、シガーロス

関連商品
>レディオヘッド「ザ・ベスト・オブ・レディオヘッド」DVD:アウトレット
>【限定】レディオヘッド「PABLO HONEY」COLLECTOR'S EDITION 2枚組CD
>【限定】レディオヘッド「THE BENDS」COLLECTOR'S EDITION 2枚組CD
>【限定】レディオヘッド「OK COMPUTER」COLLECTOR'S EDITION 2枚組CD

  • 【RADIOHEAD】レディオヘッド 2008年 日本ツアー限定ポスター

【RADIOHEAD】レディオヘッド 2008年 日本ツアー限定ポスター

GS-Radiohead-Poster-StanleyDonwood

3,000円(税抜)

定価 3,000円(税抜)

在庫状況 SOLD OUT

購入数